未熟児養育医療の給付

[概要]

未熟児養育医療の給付とは身体の発育が未熟な状態で生まれ、出生から引き続いて入院を必要とするお子さんに対して、その治療に必要な医療費を市が負担するものです。ただし、世帯の所得税額に応じて自己負担金が生じます。

[支給内容]

指定の養育医療機関における、医療保険が適用となる医療費の自己負担分の一部、または全部を公費で負担します。

[対象者]

行田市内に住所を有し満1歳未満のお子さんで、出生体重が2000グラム以下または、生活力が特に弱く、医師が入院養育を必要と認めたお子さん
※審査があります。

[申請できる人]

対象となるお子さんの保護者の方

[申請期日]

概ね、出生後2週間以内です。

[手続きなど詳しくは]

「未熟児養育医療給付(行田市サイト)」をご覧ください。

未熟児養育医療給付(行田市サイト)

子育て応援情報

「ママフレ」をシェアしよう
  • つぶやく